みょふ
<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
いっちゃったぜ
逝きましたーーーーーーー
うちのマザボが逝ってしまわれましたーーーーーー
ちょっと立て込みすぎていますので
色々遅れてしまうことになります。

申し訳ありませんが、安定するまで
お待ちください。
[PR]
by hoppema | 2010-07-27 12:10
音楽アレンジ
久々にゲームの話を~。
というかゲーム音楽の話を。

例えば…ゲームにOPがありそれが専用曲だったりボーカル曲だったりします。
そして物語の終盤、そのOPのアレンジ曲がボス戦で流れると…
ぐっと来ますね!

OPはゲームのテーマ曲となることが多いので、そのテーマ曲が
重要なシーンで流れるのはやっぱり演出効果の高い方法だと思います。
またテーマ曲みたいな重要な音楽ではなく、個人のテーマがあり
その個人が本気を出した時に本人のテーマのアレンジが流れると
それまたぐっと来ますね。

さらにさらに、もしそのゲームがシリーズ物だとして
前作に関わりの深い音楽が前作と関わりの深いシーンで流れると
これまたシリーズを通してプレイしている人にとっては
ぐっと来るシーンであり、また通してプレイしてきて良かったと
思える瞬間だったりします。

こういう風に音楽のアレンジの使い方はゲームにかなりの影響を与えるものだと思います。
ただ、テーマ曲をゲーム全体的にアレンジとしてサビに使ったりして
統一感を出すと言うのもありだと思いますが
そうなるとテーマ曲の感動がどんどん薄れてしまうという欠点もありますね~。

そしてこのアレンジ演出の罠と言うか落とし穴だと個人的に思っているのは…
スバリ「食傷」だと思います。
有効な演出ゆえに良く使われる手ですので、プレイヤーの感性が肥えてくると
「またか」という感覚を与えてしまう可能性があります。
ゲーム全体のテーマとして使うと、重要な部分で「ここでまで流すなよ…」とか
そんな余計な感情を持ってしまう事も…

音楽を完全外注として作ってもらう場合や、フリー素材で攻勢する場合は
こういう演出はなかなか難しい部分ですが、逆に自サークル内で作っていたり
外注先との深いコミュニケーション手段が確立しているのならば
罠に気をつけてどんどん使っていけば面白いだろうなと思います。


もし四季の狂剣の続編がでるとしたら
その「シリーズの利点」を活かせるでしょうね。
[PR]
by hoppema | 2010-07-17 21:07 | ゲームの話
まだまだパソ不調
もうマザーボードの方に問題があるみたいですね。
なんとかしてもうちょっとだけ延命させたいのですが
作業中に突然ブルースクリーンの恐怖が…

ですのでちょいとでかい物作れる環境に無い状態です。
こういう時は勉強するのが一番ですね。

今ちょっと思ったのですが、ひょっとしてパソの不調は
このじめじめとした暑さなのでしょうか…
大阪の夏は辛い。


と、以前のPSP用壁紙をパソコン用にしておきました。
PSP用も元は白基調で作っていたのですが
PSPの画面文字は白の周りを黒で囲まない物でして
文字がまったく見えず使い物にならなかったので黒基調にしました。
うむ、いい勉強だ。
[PR]
by hoppema | 2010-07-12 02:19
超併発
いや~、パソコンのトラブルは併発するものだと知ってはいましたが
今回も次から次へと…
よく考えたら現在の作業パソは東方サッカー猛蹴伝の時のですから
もうかなりの年月が経ってしまっているのですね…

最悪の場合はパソコンの新調を考えなければいけませんが
まだもう少しこのパソコンを使いたい事もあって
地道に原因究明しております。
おそらくはメモリ関係のトラブルだとは思うのですが
デフラグするためのCドライブの容量が足りないとか…
何かはわかりませんが、きっとお金がドバッと出て行く予感。

パソコンが安定するまでいろいろおあすけをしたり
くらったりしてます。
[PR]
by hoppema | 2010-07-04 23:22



ゲーム:四季の狂剣の製作状況および助けを乞う場所
by hoppema
カテゴリ
全体
浮き島
ゲームの話
四季の狂剣
プログラム
同人ゲーム
イベント・告知
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
四季の狂剣 感想(体験版)
from 111のデジ同人感想
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism