みょふ
<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
フルコンプモード
ひたすら素材を作っております。
いつの間にこんなに必要素材が増えてしまったのか…
でも少しずつですが素材完成が増えていき
100を110にする時間が増えてきます。
多分、製作の中では一番楽しい時間です…

話は変わりますが無双OROCHIやってます。
これってフルコンプまでかなり時間がかかるゲームですが
思わず時間を削ってコンプしてしまいたくもなります。
なにせ、キャラクターが多いですしね。
四季の狂剣も、おそらく本編自体はわりとすぐクリアできてしまいますが
長くやり込めるモードも作ろうと思っています。
好きなキャラを好きなように育てて好きな時にクリアできるモード…
それなりの特典を作って達成感を演出すれば
無双の様に、思わずコンプしたくなるものにできるのでしょうかね?

とにかく、自分の理想を目指してがんばってみます。

d0123792_204253.jpg
[PR]
by hoppema | 2008-05-28 20:42
音楽室
音楽を聴けるモードを作ってみました。
ゲームから自分が作った音楽が流れてくるってだけで最初は感動してましたが
こういう、音楽を聴けるモードで聴くとなんというか…
かなりすごい感動を味わうことができますね。
一年前は自分が音楽を作るなんて思っていなかったのに
やはりゲーム製作はいろんな経験をさせてくれます。

ベースとして、一番慣れ親しんだ音楽モードである
東方の物を選んだんですけど
東方の様に作者コメとか書いたほうが良いのかどうか…
まぁ、作った人間へのご褒美みたいな部分もありますので
コメが出る再生法と出ない再生法の両方を用意して
見たい人だけっていう風にしようと思ってます。

ところで、皆は曲名ってどうやって付けているのだろうか…
アレンジだったら原曲の名前をもじったりして付けることもできますが
オリジナルの場合は、やっぱ製作者のイメージですかね?
自分の場合、漠然としたイメージはあるのですが
それを単語にするとどうなるかとか…まったくわかりません。
とりあえず、音楽に対しての心の師である宗次朗氏の曲にあやかった感じで
曲名を付けていきます。
なんというか…音楽製作で一番辛いのが曲名付けになりそうです…d0123792_17384389.jpg
[PR]
by hoppema | 2008-05-21 17:38
宣伝ムービー
密かに世界口を更新中。
なんというか、ちゃんとしたストーリー説明を付けた方が良いのでしょうか?
自分自身があまりゲームのストーリーの項目を見ない人なので…
文字でなく漫画の導入部みたいにできれば最高なんですけど
なかなかてが回らないのが辛いとこですね~。

ニコニコ動画の市場において同人作品も並べることができる様になったみたいですね。
個人的にはこれで同人関係の売り方がだんだん変わってくると思ってるのですが
そこまで浸透はしていないみたいですので
売り方が変わるのはまだ先なのかなと。

以前同人ゲーム製作者さん達の集まるチャットにて質問したのですが
「同人ゲームをムービーなどで宣伝するのはあり?」
という問いに対してほとんどの方が
「別にいんでね?」
という答だったので、ああ、これはまぁアリか。
と思ったこともありました。
ムービー宣伝。特に動的ゲームでは肝になる部分ですので
もっともっと広まっていってほしいところです。
d0123792_3254756.jpg
[PR]
by hoppema | 2008-05-17 03:30
演出方法
四季の狂剣の土台がだんだんできてきました。
土台ができたらだんだん飾りつけの方に気が向いてきます。
飾りつけ、つまり演出です。

例えば、RPGとかで戦闘中に会話が盛り込まれるとグッときます。
何度となく繰り返されてきた戦闘で
会話演出を入れる事でそれが特別な戦闘だと一発で
プレイヤーにわからせることができるので
そりゃグッとくるよなぁと。

と、なると四季の狂剣においてはどんなことができるだろうか?
戦闘中の会話はわりとやりつくされた感がありますので
それ以外…って何があるのでしょうかね?

演出法自体は東方サッカーで勉強しましたので
わりとどうとでもなるのですが
戦闘のテンポを崩さず、その演出に必然性を持たせ
さらに魂を震え上がらせる演出となると…難しいですね~
どちらにせよ、夏までにこの演出における結論を出さなければいけないんですけどね。
もうひとふんばd0123792_1582278.jpgりしてみます。
[PR]
by hoppema | 2008-05-11 01:58
暴力表現
某聖火リレーを見て・・・いや
正確にはそのリレー関連のTVコメンテーターのセリフを聞いて
暴力とは何か?について再考してみたり。

自分は暴力はいけないことだと思っている。
んで、こう思ってることは親のしつけの賜物だと思っていた。
でも実際には親やおじいちゃんおばあちゃんに一度として
人を殴るなと言われたことが無かった事につい最近気がついた。
んじゃあこの暴力はいけないと言う思想はどっから?
って、テレビやなにやらのメディアからだったんだな~と。

人を殴る=暴力って扱いになっちゃってるけど
必ずしも「暴れる力」ではないだろうにね。
日本人も追い詰められりゃ一揆もするし打ちこわしもするさっと。

そんなこんなで自分の出した考え、答えなりを
四季の狂剣に詰め込んでいこうと思います。
こんな時に自分はゲームを作っていてよかったなと感じます。
d0123792_1330172.jpg
[PR]
by hoppema | 2008-05-03 13:30



ゲーム:四季の狂剣の製作状況および助けを乞う場所
by hoppema
カテゴリ
全体
浮き島
ゲームの話
四季の狂剣
プログラム
同人ゲーム
イベント・告知
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
四季の狂剣 感想(体験版)
from 111のデジ同人感想
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism