みょふ
<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
サンクリ受かりました
サンクリに受かりましたー。
A23ホールのJ50bです。
当日は四季の狂剣”お試し後”を販売いたします。
おそらくは最後のお試しとなり、価格も最後の100円です。
そして、今回ようやくノーパソを持ち込めると思いますので
その場でプレイして字際に動いている画面を見せれると思います。
・・・まぁ、動画を撮ってそれを流す方が効果的ですので
なんとかがんばってみます。

作業的には順調ですが、シナリオにてこずりそうです…
個人的にはそこまで手間をかけたくない部分ですので
なんとか手早く終わらせたいところです。

d0123792_3223579.jpg

カラフルな連中は華やかだなぁ
[PR]
by hoppema | 2008-03-29 03:22
当落はもうすぐ
もうすぐサンクリの当落がわかりますねぇ。
現在の予定では、もし受かったならサンクリにて
さらに進める版を出そうと考えています。価格は変わらず100円。
でもおそらくは100円で出せるのは次が最後だと思います。
素材がだんだんとですが揃ってはきていますので。
サンクリと同時に冬コミで出したところまでプレイできる版をWEB公開しようと考えています。
そしてサンクリに落ちていても、このWEB公開は確実にやります。
・・・・えーーと、まとめますと…


↓ストーリーの流れ

1 → 2 → 3 → ・・・・・・・・・

1:お試し版。WEB公開中。
2:冬コミ版。サンクリの日に必ず公開。
3:サンクリ版。受かってたらサンクリにて販売。


という事です。
ややこしくてすみません。
あと、今回はできれば動画を撮ってから行きたいなと。
展示している時に動いている画面を見せれないと話にならないことはよくわかりましたので…


それから、この四季の狂剣。どこまでWEB公開しようかな?と言うのが
一つの悩みでして。
今のところは上の流れで言うところの2まで。
つまり冬コミ版の公開までにしておこうかなと考えています。
ゲーム全体の規模はほとんど決まっているのですが、
多分肉付けが結構あると思いますので…

d0123792_2445420.jpg
[PR]
by hoppema | 2008-03-23 02:52
解像度を変更するだけのプログラム
四季の狂剣の製作は基本的には…
本当に基本的には前倒しでやっています。
そのため、ある程度無茶な企画を立てて前倒しでやっていく中で
何を前倒すか?という取捨選択をしていきます。
まぁ、だいたい作業形態になってしまう物、つまりは
思考があまり必要ないものを先行でやってしまうことが多いのですが
そうなってくると、思考が必要な難しい物が切り捨てられることがあったりしますが…
今の段階でそれが

フルスクリーンでのプレイ

になりつつあるのが怖いです…
フルスクリーン化はゲームとしては割りと必須な部分なのですが
四季の狂剣においては…なんだか
「画面ぐるぐる回るから、フルにしないほうがいいんじゃないかな?」
とか考える時があって…

まぁ、要するにフルスクリーンにするための工程が
自分的には非常に難しくて…
単純にフラッシュの機能でフルスクリーンにしても解像度が変わりませんから。
解像度を変えるためには、フラッシュ以外の別の言語で
「解像度を変更してフラッシュのexeを起動するプログラム」
を作らなければいけません。
・・・・・C++とかに詳しい人ならばあっという間かもしれないこのプログラムも
一からやろうとすると、いったい何日かかるのか…
今のところ消費日数と効果がかみ合わないので、後回しにしていますが…
やはりフルスクリーンでプレイしたい!!
てな感じです。

リザルト画面を作ってみました。
戦闘に目標が出てくれれば幸いです。d0123792_15292914.jpg
[PR]
by hoppema | 2008-03-11 15:29
結局ジャンルは何にしよう
今更ながら、すごく今更ながら…
キャラ数の多さに悶絶しています。
多分この工程を後十数回は繰り返すんだろうなぁ…
ここで良い映画とかぐっと来る作品に出会ってしまうと
またノリで登場キャラを増やしてしまう事に。
そんな無茶苦茶な作り方をしても、自分ががんばればオッケーなので
個人製作というのは素敵だ。
今後ももっとありえない作り方をしていこう…
体がもつ限り…


本日はゲーム全体の長さのお話とか~。
ゲームを長いと感じるかどうかって、その人がそのゲームを
そんなゲームと思っているか…によって変わってくると思う。
ノベルゲーとかなら10時間やそれ以上なんてざら…というか
それ以上ないと短いとすら感じられてしまうのに
アクションとかだと10時間は長すぎと感じてしまう。
操作する量が違うんだから当然と言えば当然だけど…

じゃあ仮に「アクションノベル」というジャンルだったら何時間が妥当か!?

と言うことで…四季の狂剣はどの辺に当てはまるのだろうか?
これはゲームが完成して通しでプレイしてみないとわからないことだけど
文章を読んでいる時間と戦闘している時間のどちらが多くなるのだろうか?
まぁ、人にもよるけれどそんなに差は無いと思うので。
自分としてはテキストはわりとおまけ扱いですので
飛ばされてもかまわないノリで作っていますが
飛ばす人と飛ばさない人とでは、そのゲームのジャンル的な捉え方が
全然違ってくるんだろうなと。

・・・・・・・結局は十人十色ってことかなぁ?
まぁそんなとりとめもない話でした。
d0123792_1375389.jpg
[PR]
by hoppema | 2008-03-02 13:08



ゲーム:四季の狂剣の製作状況および助けを乞う場所
by hoppema
カテゴリ
全体
浮き島
ゲームの話
四季の狂剣
プログラム
同人ゲーム
イベント・告知
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
四季の狂剣 感想(体験版)
from 111のデジ同人感想
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism